大西紘太郎 大学院生(京都大学 CiRA/岐阜大学大学院)、蝉克憲 研究員(京都大学 CiRA/iCeMS)、山田泰広 教授(京都大学 CiRA/iCeMS/JST さきがけ)らの研究グループは、生体内で細胞を不十分な形で初期化すると、エピゲノムの状態が変化し、がんの形成を促すことを見出しました。

プレスリリースはこちら