平成25年12月13日発表の「業績予想の修正に関するお知らせ」で、平成25年12月期下期に見込んでいた提携契約の締結が平成26年12月期にずれ込む見通しとなったとお知らせしておりましたが、当社が開発中のパイプラインMRX-7LAT:局所疼痛緩和貼付剤(リドカインテープ剤)について、平成25年半ばより製薬企業等2社と提携に向けた交渉を進めてまいりましたが、このたび条件面等の理由により上記2社との提携合意を断念いたしましたのでお知らせします。当社としては引き続き開発提携先を模索していく方針です。

プレスリリースはこちら