味の素株式会社は、京都大学iPS細胞研究所と共同で、再生医療を想定し、動物・ヒト由来の成分を含まないより安全性の高いiPS/ES細胞用の培地「StemFitR」AK03の開発に成功しました。
 
プレスリリースはこちら