理化学研究所(理研、野依 良治 理事長)は、アミノ酸配列が通常のヒストンと異なる「異型ヒストン」をiPS細胞(人工多能性幹細胞)の作製に用いると、核移植に似たメカニズムを介して、iPS細胞の作製効率が約20倍上昇することを明らかにしました。

プレスリリースはこちら