首都大学東京理工学研究科 真庭 豊教授、東京理科大学工学部 山本貴博講師、産業技術総合研究所ナノシステム研究部門 片浦 弘道首席研究員の研究チームは、共同で高純度の半導体型単層カーボンナノチューブ(s-SWCNT)フィルムが、熱を電気エネルギーに変換する優れた性能をもつことを見いだしました。

プレスリリースはこちら