理化学研究所は、実験モデル植物のシロイヌナズナを使い、植物ホルモン「ストリゴラクトン(SL)」が、乾燥と高塩濃度ストレスへの耐性を増大させる制御因子であることを明らかにしました。
 
プレスリリースはこちら