独立行政法人 産業技術総合研究所先進製造プロセス研究部門結晶制御プロセス研究グループ 永井秀明主任研究員、片岡邦光研究員、秋本順二研究グループ長は、リチウムイオン二次電池用の負極材料であるチタン酸化物H2Ti12O25(以下「HTO」という)の充放電量を高容量化できる粒径制御技術を開発した。
 
プレスリリースはこちら