理化学研究所(理研、野依 良治理事長)は、葉緑体を生きたまま観察できる技術を開発し、コケ植物の葉緑体内で起きる膜ダイナミクスの可視化に成功しました。これは、理研 光量子工学研究領域(緑川 克美領域長)ライブセル分子イメージング研究チームの岩井 優和客員研究員(科学技術振興機構(JST)戦略的創造研究推進事業 さきがけ研究者)、中野 明彦チームリーダーらによる研究グループの成果です。

プレスリリースはこちら