1月20日の平成25年度第7回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分副反応検討部会、平成25年度第8回薬事・食品衛生審議会 医薬品等安全対策部調査会では、前回の審議を踏まえ、HPVワクチン接種後に広範な疼痛または運動障害を来した症例を中心に論点整理がなされました。検討部会はその結果を受けて報告書をまとめることとなり、積極的な接種勧奨の再開是非については、引き続検討(継審議)することされました。MSDは、日本の女性が世界各国と同様のHPVワクチン接種環境を一刻も早く享受できるよう、同ワクチン接種の積極的勧奨速やかな再開を期待しております。

プレスリリースはこちら