ノボノルディスクファーマ株式会社は、2014年1月17日、遺伝子組換え型血液凝固第VIII(はち)因子製剤ノボエイト静注用250、同500、同1000、同1500、同2000、同3000(一般名:ツロクトコグアルファ((遺伝子組換え))、以下、ノボエイトについて、「血液凝固第VIII(はち)因子欠乏患者における出血傾向の抑制」を適応症として厚生労働省より製造販売承認を取得しました。また、日本も参加した第3相国際共同治験の結果に基づき、定期的補充のための用法・用量が明示されました。

プレスリリースはこちら