独立行政法人 産業技術総合研究所糖鎖医工学研究センター 成松 久研究センター長、マーカー探索技術開発チーム 高崎延佳招聘研究員は、学校法人 東京歯科大学市川総合病院、独立行政法人 理化学研究所、国立大学法人 千葉大学と共に、ヒトの精巣で特異的に発現するヒトGALNTL5遺伝子が正常な精子を形成するために必要不可欠な遺伝子の一つであることを発見した。この遺伝子は、pp-GalNAc-T糖転移酵素遺伝子と酷似していることから、糖転移酵素様遺伝子と呼ばれる全く新しいタイプの遺伝子である。

プレスリリースはこちら