大阪大学の森下竜一教授、中神啓徳教授らの研究グループは、新しい抗がん効果を持つVEGF-DNAワクチンの開発に成功し、モデル動物を使った実験で高い有用性を実証しました。この成果がこのほど、英科学誌Natureの運営するオンラインジャーナルであるScientific Reportsに掲載されましたのでご報告いたします。

プレスリリースはこちら