ブリストル・マイヤーズ、FDAがFOLFIRI(イリノテカン塩酸塩水和物、フルオロウラシル、ロイコボリン)との併用でアービタックス(セツキシマブ)を承認

2012年8月9日 11:15

 ニューヨークおよびインディアナポリス−イーライリリー・アンド・カンパニー(NYSE:LLY)とブリストル・マイヤーズスクイブ社(NYSE:BMY)は本日、アービタックス(セツキシマブ)と化学療法のFOLFIRI(イリノテカン塩酸塩水和物、フルオロウラシル、ロイコボリン)の併用が、FDA承認の検査で(一般にKRAS野生型として知られる)KRAS遺伝子変異陰性のヒト上皮細胞増殖因子受容体(EGFR)発現切除不能再発大腸がん(mCRC)患者のファーストライン療法として、米国食品医薬品局(FDA)より承認されたことを発表しました。

プレスリリースはこちら