なでしこジャパン、オリンピックの出場権おめでとうございます。最近では男子サッカーより遥かに女子代表に肩入れしております。セリエAやリーガエスパニョーラでのサッカーは誠に美しく、日本の男子代表はまだその域には到底及ばない。ベストエイトを狙うのがせいぜいですが、なでしこは違います。彼女らは世界の先頭を走るために、独自のサッカー技術や戦術を開発、おまけに国内市場が狭小なため海外での武者修行を経たタフな個が育っております。それでいながら、なんとなくはらはらさせるアマチュアリズムにも溢れており、つまり放っとけない存在なのですね。きっと、読者にも同意していただける方は多いと思います。なでしこのツイッターなどを見ると、中国のオリンピック予選の会場が異常な雰囲気だったことが分かります。日本のファンは国旗もおおっぴらには振れず、中国の公安当局に囲まれて応援していたようです。目立った事故がなくてよかったと胸をなでおろしております。もっと面白かったのは、中国ではツィッターに直接投稿できず、予選会場からメール経由で投稿されていたことです。中国の民主化がまだまだ遠いことが、ツィッターやブログの自由を奪う透明なChinese Wallの存在から浮き彫りになっています。是非とも以下をご参照願います。
http://commons.jfa.or.jp/nadeshiko/twitter/
続きはここをクリック。(宮田満)