YouTubeで見出された僅か14歳の少年の国歌斉唱で幕を開けた全米オープンテニス選手権で、我が国の選手たちはあっという間に姿を消しました。確か二回戦まで勝ち上がったのはたった一人ではないでしょうか?好調だったウィンブルドンとは対照を成しました。錦織選手も含め3人もの途中棄権。本日負けた伊達選手も含めて、故障者続出です。レストランで焼けた皿に触って火傷しているナダル選手よりはるかに深刻です。オリンピックのアジア予選を戦うなでしこジャパンも含め、厳しい試合日程をこなすにはコンディショニングが重要です。グランドスラム4大会の最後の大会は、まして足腰に過酷なハードコートです。我が国のテニス協会もなんとかしないと、この低迷を打破することは難しいかも知れません。今週は男子のサッカーのWC予選もあり、皆さんも忙しい夜となりそうですね。続きはここをクリック。(宮田満)