早起きして、このメールを書いています。ここから1kmも離れていないホテルで、午前11時から民主党の代表選挙が行われます。この選挙結果いかんでは10月に予定されているバイオジャパン2011の講師選抜にも影響が出ます。政治の不安定さに振り回されるのは、もうそろそろ食傷気味です。今回の民主党の代表も、粘りに粘っても1年3か月しかその座を保てなかった菅首相の任期半ばの辞任に伴うもの。新代表の残り任期も1年と短く、2年後には正解再編成必至の衆議院選挙が控えています。しかし、こんなことで東日本大震災の復興と国際的競争力を失いつつある日本の建て直しができるのか?2日間の瞬間芸で代表を選んでいるようでは、どうしても悲観的にならざるを得ません。続きはここをクリック。(宮田満)