第22回微生物資源ワークショップが下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


◆◆第22回微生物資源ワークショップ・日本菌学会共催◆◆
第22回微生物資源ワークショップ・日本菌学会共催ワークショップ
「国際植物命名規約改訂が菌類応用分野へ及ぼす影響」 Final Circular
◆◆◆完全世代と不完全世代の学名統合という革新的ソリューションなのか、あるいはAspergillus oryzaeの学名が消滅するというようなことが起こるのか?◆◆◆

本年4月にアムステルダムで、CBSが中心になって、1F=1N (one fungus = one name)というシンポジウムが開催され、その後、国際植物命名規約(ICBN)の第59条(多型的生活環をもつ高等菌類に関する二重命名法)削除を含むアムステルダム宣言(AD)の採決が世界を駆け巡りました。日本菌学会や日本菌学会関東支部でもこの話題は、耳目を集めました。
さらに、7月にメルボルンで国際植物学会があり、命名法部会が開催されました。最新情報によれば、
1. 今後、ICBNはInternational Code of Nomenclature for Algae Fungi and Plantsという名称に変更されます
2. 菌類の正式発表の要件がラテン語のみから「ラテン語または英語とする」ことが採択されたことを受け,フロアからの提案で,「すべての分類群について」ラテン語または英語とすること,日付は電子出版の日付に合わせ2012年1月1日以後とすることが採択されました.
3. 多型的生活環をもつ菌類の学名については,Redhead氏が59条をすべて書き直すすっきりした提案を行い,結論から言うと「二重命名法」はなくなりました.どちらのモルフについても他の分類群と同じように,先取権を争うことになります.
命名規約は分類学の根幹をなすものですが、決して分類学者のためだけのものではなく、生物学に関わる基礎から応用のすべての関係者に重大な影響を及ぼします。そこで、以下のワークショップを日本菌学会と共催で開催いたします。
今回の命名規約のドラスティックな改訂はいったい何をもたらすのか、問題点はないのか、決まった以上、どのような運用があるのか、ICBN第59条をなくすとどういうことが起きうるか、Aspergillus oryzaeの名前がなくなるのか、再びCephalosporium属の消滅のようなことがおこるのか、菌類のメタゲノムの扱いはどうなのかなど、アムステルダムやメルボルンのホットな話題を含め紹介して戴きたいと思います。ぜひふるってご参加下さい。

主 催: 玉川大学学術研究所菌学応用研究センター
主 催: 日本菌学会
後 援: 日本微生物学連盟
日 時: 9月3日(土)12時30分より
場 所: 玉川大学内 大学研究室棟B104
参加費: 一般 3000円(予定)、学生 無料(学生証提示)
日本菌学会賛助会員 3
1名様無料
懇親会: 一般 4000円、学生 2000円
申込先: 玉川大学学術研究所菌学応用研究センター 奥田 徹 torula@lab.tamagawa.ac.jp
FAX 042-739-8669
締 切: 8月31日(水) ただし先着100名まで

プログラム(タイトルは仮題)
12:30 はじめに 星野達雄 玉川大学
12:40 多型的生活環をもつ菌類の命名法に関する最近の動向 岡田 元 理化学研究所
13:20 テレオモルフ・アナモルフの菌類命名の戦略、Orbilia属の例
Xingzhong Liu Institute of Mincrobiology China
14:00 第18回国際植物学会議命名法部会に関する報告 永益英敏 京都大学
14:40 休 憩 1Fラウンジ
15:20 国際細菌命名規約における対応 鈴木健一朗 製品評価技術基盤機構
16:00 統一命名法によって、産業における菌学にどのような影響があるのか?
田中一新 第一三共
16:40 メルボルンでの第59条廃止決議を受けて、混乱を防ぐには何が緊急に必要か
Marc Stadler InterMed Discovery Germany
17:20 総合討論とワークショップ前と後のアンケート集計結果発表・・・玉川宣言
司会:奥田 徹 玉川大学
18:00 懇親会 朔風館食堂

案 内 図 





第22回微生物資源ワークショップ申込書

以下のサイト「個人情報の取り扱いについて」を確認し、同意の上、下記の通り、第22回微生物資源ワークショップの参加登録をいたします。
http://www.tamagawa.ac.jp/sisetu/gakujutu/alsrc/wmr22/kojin.pdf

□ ワークショップに参加します □ 懇親会に出席します
日本菌学会 □ 会員      □ 賛助会員      □ 非会員
ご芳名
Name

ご所属
Affiliation

ご住所 〒

TEL FAX
Email

ご芳名とご所属は英文を併記してください