第28回資源植物科学国際シンポジウムが下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


28th IPSR International Symposium (co-sponsored by JSPS-AASPP)
Crop Production in East Africa and Innovative Plant Stress Science

第28回資源植物科学国際シンポジウム(日本学術振興会アジア・アフリカ学術基盤形成事業)
「東アフリカにおける作物生産と植物ストレス科学イノベーション」


October 7 2011(2011年10月7日)9:30 – 17:45
Kurashiki Geibunkan Eye Theater(倉敷市芸文館アイシアター)
(岡山大学資源植物科学研究所正面: JR倉敷駅より徒歩15分)


Organizer: Wataru Sakamoto and Maki Katsuhara(坂本亘 且原真木)(Okayama University)

9:30 Opening Remark

Genetic Resources and Diversity(植物遺伝資源と多様性)

9:40 Thomas Wicker (University of Zurich Switzerland)
トランポゾン活性と崩れるゲノムのシンテニー
Transposon activity and the erosion of genomic synteny

10:20 Seong-Gene Lee (Chonnam National University Korea)
ストレス誘導性セロトニンヒドロキシけい皮酸アミドの栄養補助剤・医薬品への利用
Evaluation of stress induced-hydroxycinnamic acid amides of serotonin as nutraceuticals or pharmaceuticals

Crop Production in Africa (アフリカでの作物生産)

11:15 Peter Njau (Kenya Agricultural Research Institute Njoro Kenya)
ケニアにおける乾燥耐性および酸性土壌耐性コムギの選抜
Multilocational wheat trials in selecting for drought and acid soil tolerance in Kenya

11:55 Yasutaka Kubo(久保康隆)(Okayama University Japan)
園芸学における日本とケニアの国際交流―育種、生産、流通―
International cooperation between Japan and Kenya in horticulture -Breeding Production and Transportation
14:00 Masahiko Maekawa(前川雅彦)(Okayama University Japan)
アフリカ野生種を活用したストレス条件でのイネの生産性向上
Utilization of African wild species for productivity improvement under stress conditions in rice

14:40 Kinya Akashi(明石欣也)(Nara Institute of Science and Technology)
野生種スイカとジャトロファ: アフリカ・ボツワナにおける植物遺伝子資源の探索と高度利用
Citrullus and Jatropha: Harnessing plant genetic resources for biomass production in Botswana

Innovative Stress Science (ストレス科学によるイノベーション)

15:40 Hans Bohnert (University of Illinois USA)
ゲノミクスから解明するストレス耐性機構
Finally understanding Stress Tolerance through Genomics

16:20 Shinjiro Yamaguchi(山口信次郎)(Tohoku University RIKEN)
ストリゴラクトンの機能と作用機構:ストライガ防除戦略に向けて
Strigolactone function and action: how can we reduce Striga infestation?

17:00 Discussion and Closing Remark

18:00 Mixer(交流会)
Institute of Plant Science and Resources Okayama University
岡山大学資源植物科学研究所


Learn with Us Africa and Plant Stress Science!
来聴歓迎
*****************************************************************************************************************
Registration: necessary at the Institute’s website. Deadline: September 30.
Registration address (PC): http://www.rib.okayama-u.ac.jp/sympo/sympo2011/
(Mobile): http://www.rib.okayama-u.ac.jp/sympo/sympo2011/i/
Symposium: free. Mixer: 3000 JPY
Contact Address: Institute of Plant Science and Resources Okayama University 2-20-1 Chuo Kurashiki Okayama 710-0046 Japan. Tel: 086-424-1661. Email: sympo2011@server.rib.okayama-u.ac.jp

事前参加申込:岡山大学資源植物科学研究所ウェブサイトより申し込みください(9月30日まで)
申込専用ウェブサイト:http://www.rib.okayama-u.ac.jp/sympo/sympo2011/
携帯電話用ウェブサイト:http://www.rib.okayama-u.ac.jp/sympo/sympo2011/i/
参加費:無料 交流会:研究所にて行います(参加費:3000円)
連絡先:岡山大学資源植物科学研究所 〒710-0046 倉敷市中央2-20-1 電話086-424-1661 Email sympo2011@server.rib.okayama-u.ac.jp
**********************************************************************************************************************

Sponsor:
主催: Institute of Plant Science and Resources Okayama University
(岡山大学資源植物科学研究所)
協賛: Japan Society for the Promotion of Science (JSPS)(日本学術振興会)
Oohara Foundation(財団法人大原奨農会)