第1回Laser Microdissection 研究会が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。



第1回Laser Microdissection 研究会

会 期:2011年8月25日(木)
会 場:ニチイ学館 神戸ポートアイランドセンター3階
時 間:13:00~18:30(予定)  
定 員:100名(定員になり次第、締め切らせていただきます)
参加費:無 料(※事前登録制) 
主 催:Laser Microdissection 研究会
詳 細:http://www.dialogue2005.com/lmd/index.html

開催趣旨
レーザーマイクロダイセクションは、医学生物学研究では欠かせない技術として認識されています。様々な細胞が 存在する正常組織、疾患組織からレーザーマイクロダイセクションによって目的の細胞を回収することで、はじめて 正確な発現解析が可能になるからです. 一方、レーザーマイクロダイセクションの普及度はあまり高いとは言えません. 切片の作製、染色、顕微鏡下での観察など、独特の工程に敷居の高さを感じる研究者は多いようです. また、各社 から販売されている機械はそれぞれどのような長所があり、どのような研究目的に適しているのかを知る機会はこれまでにありませんでした.
本研究会では、レーザーマイクロダイセクションを使って生産的にデータを得ている研究者に実験の具体的なところ を話していただきます. 講演者はそれぞれ異なるメーカーの装置を使用されており、学会では指導的な立場にある方 々です. 既に装置を購入している方には研究のヒントとなるような、そして、これから導入しようとしている方には購入 のガイドとなるような研究会にしたいと考えています. 是非、皆様のご参加をお待ちしております.

【オーガナイザー】
 超高感度の蛍光色素を用いたレーザーマイクロダイセクション からのがんプロテオーム解析
 近藤 格
(独立行政法人国立がん研究センター研究所
創薬プロテオーム研 究分野 分野長)

【基調講演】
 ヒト腎糸球体プロテオーム解析
 山本 格 
(新潟大学 大学院医歯学総合研究科 附属腎研究施設
構造病理学 分野 教授)

 レーザーマイクロダイセクションを用いる病理組織切片からの タンパク質・バイオマーカー研究
 西村 俊秀  
 (東京医科大学 外科第一講座 客員教授)

病理組織におけるプロテオーム解析
― FFPE材料からの解析のメリット―
鰐渕 英機
(大阪市立大学 大学院医学研究科 都市環境病理学 教授)

細胞培養技術における、Laser Microdissectionの有効利用法
鳥橋 茂子 
(名古屋大学医学部保健学科 理学療法学専攻 教授)

【Company Lecture】
http://www.dialogue2005.com/lmd/company.html

【お申込先】
http://www.dialogue2005.com/lmd/entry.html

■ お問い合わせ先
第1回 Laser Microdissection 研究会事務局
ダイアローグ株式会社
  mailto:seminar@dialogue2005.com