現在、新幹線で台風を目指し、西に向かっております。まったく西方の空は暗く、ときおり強く窓を打つ雨も、台風の気配を濃厚に漂わせています。窓の外を流れる町は、息を潜めています。

 しかし、こういう時にこそ、妙に張りきってお出かけする癖が学生時代からあります。我に艱難辛苦を与えたまえといった感じです。皆さんの小学生時代のお友達にも一人はこの手の子供がいたはずです。まったく、後3年で還暦だというのに、成長していない。続きはここをクリック。(宮田満)