***** seminarMLから情報転載 *****


東京大学大学院医学系研究科疾患生命工学センター健康環境医工学部門
若手研究者セミナーのお知らせです。
ご関心の有る方は、ご自由にご参加ください。

【講演タイトル】
大脳新皮質・海馬の層構造形成機構の解析

【講師】
久保健一郎先生
慶應義塾大学医学部解剖学教室

【日時】
2011年7月22日(金) 14:00~15:15

【場所】
医学部教育研究棟13階第5セミナー室

【要旨】
哺乳類の中枢神経系では整然と神経細胞が配列する層構造が発達する。大脳新皮質や海馬に見られる層構造は、その形成過程において、あとから生まれた神経細胞が先に生まれた神経細胞を乗り越えて配列する”inside-out”様式の細胞配置を特徴とする。この層構造が逆転する変異マウス、リーラーは50年以上前に発見され、その原因遺伝子・分子リーリンは発見から10年以上が経過した。しかし、このリーリン分子が発生中の神経細胞に対してどのような役割を持っているのか、また最終的にどのような分子を制御することで脳の層構造形成を担うのか、依然として不明な点が多い。我々は、実際の脳を用いた実験研究が肝要であると考え、発生中マウス脳内に、子宮内胎児電気穿孔法によるリーリン発現プラスミドの導入を行い、その影響を解析したところ、特徴的な神経細胞の凝集構造がリーリンによって形成されることを見いだした。さらに連続子宮内胎児電気穿孔法を用いることによって、この構造は哺乳類で発達する大脳皮質に特徴的な”inside-out”配列様式を持っており、リーリンシグナルがその形成に必要であることを見いだした。(Kubo et al.&s_comma; J. Neurosci.&s_comma; 2010)。また最近、リーリンシグナルは大脳皮質最表層にある特徴的な構造を乗り越えるために必要であることが判明した(Sekine et al.&s_comma; J. Neurosci.&s_comma; 2011)。一方、”inside-out”配列様式は発生段階の海馬でも知られている。我々は海馬CA1領域特異的な遺伝子導入法を用いることによって、その機能阻害が大脳皮質での”inside-out”配列様式を乱すDisrupted-inschizophrenia-1 (Disc1)が、海馬CA1領域の細胞配置にも必要であることを見いだしたので、併せて報告する(Kubo et al.&s_comma; Biochem Biophys Res Commun.&s_comma; 2010&s_comma; Tomita & Kubo et al.&s_comma; Hum. Mol.Genet.&s_comma; 2011)。

【参考文献】
“Ectopic Reelin induces neuronal aggregation with a normal birthdate-dependent "inside-out" alignment in the developing neocortex.” Ken-ichiro Kubo&s_comma;
Takao Honda&s_comma; Kenji Tomita&s_comma; Katsutoshi Sekine&s_comma; Kazuhiro Ishii&s_comma; Asuka Uto&s_comma; Kazuma Kobayashi&s_comma; Hidenori Tabata&s_comma; and Kazunori Nakajima. J. Neurosci.&s_comma; 30
(33)&s_comma; 10953-10966 (2010).
“The outermost region of the developing cortical plate is crucial for both the switch of the radial migration mode and the Dab1-dependent “inside-out”
lamination in the neocortex.” Katsutoshi Sekine&s_comma; Takao Honda&s_comma; Takeshi Kawauchi&s_comma; Ken-ichiro Kubo&s_comma; and Kazunori Nakajima. J. Neurosci.&s_comma; 31 (25)&s_comma; 9426-
9439 (2011).
“Migration defects by DISC1 knockdown in C57BL/6&s_comma; 129X1/SvJ&s_comma; and ICR strains via in utero gene transfer and virus-mediated RNAi.” Ken-ichiro Kubo&s_comma;
Kenji Tomita&s_comma; Asuka Uto&s_comma; Keisuke Kuroda&s_comma; Saurav Seshadri&s_comma; Jared Cohen&s_comma; Kozo Kaibuchi&s_comma; Atsushi Kamiya and Kazunori Nakajima (K. Kubo and K. Tomita
are co-first authors). Biochem Biophys Res Commun.&s_comma; 400(4)&s_comma; 631-7 (2010)
“Disrupted-in-Schizophrenia-1 (Disc1) is necessary for migration of the pyramidal neurons during mouse hippocampal development. ” Kenji Tomita&s_comma; Kenichiro
Kubo&s_comma; Kazuhiro Ishii&s_comma; and Kazunori Nakajima (K. Tomita and K. Kubo are co-first authors). Hum. Mol. Genet.&s_comma; 20 (14)&s_comma; 2834-2845 (2011).

世話人:医学系研究科疾患生命工学センター・健康環境医工学部門
掛山/遠山
E-mail: kake@m.u-tokyo.ac.jp Tel: 03-5841-1415

--
遠藤俊裕
東京大学医学系研究科 疾患生命工学センター
健康環境医工学部門(遠山研)
〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1(医学部1号館NC301室)
TEL: 03-5841-1433; FAX: 03-5841-1434 (内線: 21433)
E-mail: endo-t@m.u-tokyo.ac.jp

Toshihiro ENDO (Ph.D. student)
Laboratory of Environmental Health Sciences&s_comma;
Center for Disease Biology and Integrative Medicine&s_comma;
Graduate School and Faculty of Medicine&s_comma;
The University of Tokyo&s_comma;
7-3-1 Hongo&s_comma; Bunkyo-ku&s_comma; Tokyo 113-0033&s_comma; JAPAN
TEL: +81-5841-1433; FAX: +81-5841-1434
E-mail: endo-t@m.u-tokyo.ac.jp



seminarMLに関する情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」特選MailingList_Forum欄でアクセスできる。