第22回微生物資源ワークショップが下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


◆◆第22回微生物資源ワークショップ・日本菌学会共催◆◆
「国際植物命名規約改訂が菌類応用分野へ及ぼす影響」
◎◎◎完全世代と不完全世代の学名統合という革新的ソリューションなのか、あるいはAspergillus oryzaeの学名が消滅するというようなことが起こるのか?◎◎◎

本年4月にアムステルダムで、CBSが中心になって、1F=1N (one fungus = one name)というシンポジウムが開催され、その後、国際植物命名規約(ICBN)の第59条(多型的生活環をもつ高等菌類に関する二重命名法)削除を含むアムステルダム宣言(AD)の採決が世界を駆け巡りました。日本菌学会や日本菌学会関東支部でもこの話題は、耳目を集めました。さらに、7月にメルボルンで国際植物学会があり、命名規約の委員会が開催されます。命名規約は分類学の根幹をなすものですが、決して分類学者のためだけのものではなく、生物学に関わる基礎から応用のすべての関係者に重大な影響を及ぼします。そこで、以下のワークショップを日本菌学会と共催で開催いたします。
コンセプトとしては、ICBN第59条をなくすとどういうことが起きうるか、Aspergillus oryzaeの名前がなくなるのか、再びCephalosporium属の消滅のようなことがおこるのか、いつまで、素人には分かりづらいanamorphとteleomorphの学名が共存するのか、菌類のメタゲノムの扱いはどうなのかなど、アムステルダムやメルボルンのホットな話題を含め紹介して戴きたいと思います。詳細未定の部分がありますが、ふるってご参加下さい。

主 催: 玉川大学学術研究所菌学応用研究センター
共 催: 日本菌学会
日 時: 9月3日(土)午後1時より
場 所: 玉川大学内 大学研究室棟B104
参加費: 一般 3000円(予定)、学生 無料(学生証提示)
日本菌学会賛助会員 無料
懇親会: 一般 4000円、学生 2000円
申込先: 玉川大学学術研究所菌学応用研究センター 奥田 徹 torula@lab.tamagawa.ac.jp
FAX 042-739-8669
締 切: 8月22日(月) ただし先着100名まで

プログラム(タイトルは仮題)
13:00多型的生活環をもつ菌類の命名法に関する最近の動向  岡田 元 理化学研究所
13:40 第18回国際植物学会議命名法部会に関する報告  永益英敏 京都大学
14:20 国際細菌命名規約における対応
鈴木健一朗 製品評価技術基盤機構
15:00 休 憩 1Fラウンジ
15:40 統一命名法によって、産業における菌学にどのような影響があるのか? 田中一新 第一三共
16:20 アムステルダム宣言に対する反論  Marc Stadler InterMed Discovery
18:00 懇親会 朔風館食堂
*その他、IUMSに参加される方々と交渉中 例えば、Joan Bennett Rutgers University


案 内 図 




第22回微生物資源ワークショップ申込書

別紙「個人情報の取り扱いについて」を確認し、同意の上、下記の通り、第21回微生物資源ワークショップの参加登録をいたします。

□ ワークショップに参加します □ 懇親会に出席します
□日本菌学会会員   □賛助会員   □非会員
ご芳名
Name

ご所属
Affiliation

ご住所 〒

TEL FAX
Email

ご芳名とご所属は英文を併記してください