ウィンブルドンは昨夜、ジョコビッチがナダルを倒し、初のランキング一位と合わせ、チャンピョンシップを制しました。ナダルはジョコビッチに弱く、ジョコビッチはフェデラーに弱い、そしてフェデラーはナダルにからきし駄目と、男子テニスのトップスリーはまるでジャンケンのような状況にあります。ジョコビッチは極めて好調で、球への反応はナダルを上回っていましたが、フェデラーがツォンガに敗れるという運の良さも、味方しました。続きはここをクリック。(宮田満)