現在、梅雨の明けた那覇に滞在しています。昨日、飛行機を出た直後の熱気はもう間違いなく夏、そして亜熱帯でした。現在、沖縄は地政学的な位置を利用して、東南アジアのハブを目指しています。今月、第一号上場案件として、メビオファームの上場が行われるプロ向け株式市場、TOKYO AIMも沖縄県名護市に誘致する動きもあります。これから沖縄は、かつての大沖縄時代のように、東南アジアの流通や金融の中心地への動きだそうとしています。戦後の例外的な歴史を払拭し、歴史的そして地政学的な必然に従って、さらにはアジア経済の復権の波に乗ろうとしていました。元気のない内地に沖縄から喝をいただきたいと想い、昨夜は太鼓を打ち鳴らしておりました。続きはここをクリック。(宮田満)