週末は箱根で2泊3日の泊りがけで医療セクター会議に参加してきました。本来なら「国民皆保険制度50年」というテーマで専門家が議論する予定でしたが、3月11日の大震災を受けて、「災害医療」をテーマに70人以上の医師から支払い側の健康保険組合、そして厚生事務次官など政府関係者が参加して白熱の議論をいたしました。現場で救援活動した医師の報告などもあり、相当濃密な議論が出来ました。日曜日の夜は疲労でテニスの後、寝込んでしまったほどです。続きはここをクリック。(宮田満)