(7月5日)第318回CBI学会研究講演会「ペプチド創薬の現状と未来」が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


第318回CBI学会研究講演会

「ペプチド創薬の現状と未来」


日時:2011年7月5日(火)13:30-17:40
場所:東京大学 山上会館大会議室
(東京都文京区本郷 7-3-1)

世話人:堀内正(慶應大学)、孫田浩二(アスビオファーマ)

プログラム

1.13:30-13:35
はじめに

2.13:35-14:10
「天然由来ペプチド様小分子に基づく難病治療薬の創製研究」
林 良雄(東京薬科大学)

3.14:10-14:45
「医薬品開発に向けたペプチド関連物質の完全化学合成法」
千葉一裕(東京農工大学、JITSUBO株式会社)

4.14:45-15:20
「機能性ペプチドによる創薬」
岡田弘晃(東京薬科大学)

15:20-15:40 休憩 

5.15:40-16:15
「進化分子工学による分子標的ペプチドの創出」
藤井郁雄(大阪府立大学)

6.16:15-16:50
「内在ペプチドと創薬への応用」
南野直人(国立循環器病研究センター)

7.16:50-17:25
「特殊ペプチド創薬」
菅 裕明(東京大学大学院理学系研究科化学専攻)

8.17:25-17:40
まとめ


講演会参加費:
CBI学会法人賛助会員: 無料
CBI学会個人会員(非営利):無料
CBI学会個人会員(一般企業):¥5000
ビジター(非営利):¥1000
ビジター(一般企業):¥10000

出席を希望される方は事前に必ず事務局セミナー受付seminar [at] cbi-society.org に連絡してください。

連絡先:CBI学会事務局 セミナー受付 
E-mail:seminar [at] cbi-society.org
〒226-8502 神奈川県横浜市緑区長津田町4256 G3-50
東京工業大学大学院総合理工学研究科 小長谷明彦研究室
TEL&FAX:045-924-5654
http://cbi-society.org/