***** seminarMLから情報転載 *****


 下記の要領で、6月7日(火曜日)東大医科研GCOEキャリアパス支援セミナーの「第6回白金キャリアプラットフォーム(企業・団体紹介シリーズ)」を開催いたします。

 今回は、中外製薬株式会社 学術情報部リサーチアドバイザー 大杉義征氏から、「日 本発の抗体医薬品第一号「アクテムラ」-免疫難病の克服を目指した30年-」と題する講演、また大学・アカデミア側からは、セミナーシリーズ・ファシリテーターの東京大学男女共同参画推進室 推進ディレクター 三浦有紀子氏と東京大 学医科学研究所 学術アドバイザー長 山川彰夫の2名よりの2つのショートレクチャーで、全部で3つの講演を予定しています。

 事前参加登録・参加費などは不要です。所内の院生・研究者・医療関係者の他、所外の産官学のどの分野の方であっても内容にご関心のある方々 は、お誘い合わせの上どうぞお気軽にご参加ください。今までも、多くの所内・所外の多様な方々のご参加を頂いて貴重なご議論を頂いて居り、企 画・運営側として大変感謝しております。

 詳細は、東大医科学研究所および当グローバルCOEのホームページの以下のURLをご参照ください。

http://www.ims.u-tokyo.ac.jp/imsut/jp/events/gakuyukai/archive/post_318.php
http://www.ims.u-tokyo.ac.jp/gcoe/index.html

世話人幹事 東京大学医科学研究所 山川彰夫

ーーー


GCOE特別セミナー〈キャリアパス支援セミナー〉
『第6回白金キャリア・プラットフォーム(企業・団体紹介シリーズ)』

日時:平成23年 6月 7日(火) 15:00~17:15
場所:東京大学医科学研究所 1号館講堂
言語:日本語
参加無料・事前登録不要

【演題および講師】
1. ショートレクチャー「理系大学院修了者のキャリアパス-現状と課題パート2」
 三浦有紀子 東京大学男女共同参画推進室 推進ディレクター

2. ショートレクチャー「抗体技術の俯瞰と最近の進歩」
 山川彰夫  東京大学医科学研究所 学術アドバイザー長 特任教授

3.「日本発の抗体医薬品第一号「アクテムラ」-免疫難病の克服を目指した30年-」
 大杉義征 中外製薬株式会社 学術情報部リサーチアドバイザー(薬学博士)

質疑・応答、総合討議
  ファシリテーター: 三浦有紀子 東京大学男女共同参画室
              山川彰夫  東京大学医科学研究所

【概 要】
 東京大学医科学研究所&先端科学技術研究センターのグローバルCOE プログラム(GCOE)では、ミッションの一つであるグローバルな医療課題 に対して取り組むことのできる世界的な広い視野を持った多様な「人財」育成の一環として、キャリアパス支援セミナー「白金キャリアプラットフォーム:(企業・団体紹介シリーズ)」を開催しています。

 今回の第6回では、中外製薬株式会社学術情報部リサーチアドバイザーの大杉義征博士より、ご自身が長年取り組まれたIL6とヒト化抗IL6受容体抗体薬(アクテムラ)の研究開発のご経験と中外製薬の研究開発方針の紹介に加えて、日本のバイオ・ライフ系の学生、若手研究者に期待するメッセージも含めて、ご講演をお願いしています。
大杉博士は、IL6の研究論文が岸本研より発表された直ぐからその将来性に注目され、様々なトライアンドエラー を重ねながら、研究開発のすべてのプロセスに当事者の一人として関わってこられました。サイトカインや阻害剤でなく、受容体モノクローナル抗体とそのhumanizationにという当時としては時代の先端技術の応用によるシーズの薬剤候補への「進化とブラッシュアップ」に関わり、その後のアクテムラの研究開発から認可・申請・市販・適応拡大など、企業の研究開発者として実際の成功例の各ステップに関わられたというまれなご体験をされたと言えるでしょう。ご講演内容は体験に沿ったお話を中心に、学生、若手研究者へのメッセージも含めてお願いしています。

 また、恒例のアカデミア・大学側からの、キャリアパスに関する基礎的なリテラシーに資するショートレクチャーと しては、今回はシリーズファシリテーターの三浦有紀子氏より、シリーズ第1回の「理系大学院修了者のキャリアパス」に関 する分析のパート2として、バイオ系ライフ系の雇用に関する現状と課題、大学・研究所における「団塊の世代」の定年と「少子化」の影響、今後の人材グローバル化などについて お話しを頂く予定です。
世話人からは、シリーズ第2回の低分子化合物系の分子標的薬のレビューに引き続き、今回は「抗体技術」に注目した俯瞰的レビューを提示する予定です。

 今までの回の概要でも述べたように、これをきっかけに新規の共同研究 や連携や将来のリクルートにも役立つことが期待されます。将来アカデミアや 別の業界・企業に進む人財にとっても、業界のリーディングカンパニー等についての知識や人脈を持つことは、将来の効果的な連携(場合によっては効果的な競争)等にとっては欠かせないことであり、このシリーズはいわば「究極の就活セミナー」といえますが、あくまでもキャリアデベロップメントを目的としています。

 この白金キャンパスの「新しいプラットフォーム」は、”Filling the Gaps among different
Communities”のキーワードの元、学生・若手にとってのキャリアパス支援とシニアの研究者・医療従事者と企業・団体の間の相互のインターラクションの「場」を提供し、ライフイノベーションの推進の為のステップボードとなる事も意図しております。

白金キャンパスの学生・若手をはじめとする研究者・医師・医療スタッフの他にも、東大他部局や学外のアカデミア・産業 界・行政・メディア、その他のご所属の学生および社会人などの多様な方々のご参加を歓迎いたします。 事前の質問や要望があれば世話人幹事宛にお願い致します。

なお、中外製薬株式会社に関する詳細は下記サイトをご参照ください。
http://www.chugai-pharm.co.jp/hc/ss/index.html

(文責:世話人幹事 山川彰夫 学術アドバイザー長&s_comma; GCOE推進委員)

添付:ポスターPDF

お問い合わせ先:
東京大学医科学研究所GCOE推進室
Email:gcoe@ims.u-tokyo.ac.jp
TEL:03-6409-2028



seminarMLに関する情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」特選MailingList_Forum欄でアクセスできる。