第38回BMSコンファレンス (BMS2011)が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


第38回BMSコンファレンス (BMS2011)
MSを通じて地球の未来に貢献する~医学・薬学研究への貢献と挑戦~

「バイオ医薬」と「イメージング」を中心に、第一線でご活躍の先生方を多数お招きし、マススペクトロメトリーの可能性を様々な角度から議論いたします。

参加申し込み締め切り:6月9日

主催:日本質量分析学会・BMS研究会
会期:2011年7月10日(日)~12日(火)
場所:箱根高原ホテル
実行委員長:明石知子(横浜市立大学大学院)

詳しくは
http://www.mssj.jp/Japanese/Branch/BMS/bms38prg.html
をご覧ください。

募集人数:200名
参加登録費:(2泊3日の合宿形式、宿泊費には初日夕食から3日目朝食までを含む)
日本質量分析学会正会員 38000円(参加費 14000円、宿泊費 24000円)
同非会員 48000円(参加費 24000円、宿泊費 24000円)
同学生会員 26000円(参加費 2000円、宿泊費 24000円)
学生非会員 30000円(参加費 6000円、宿泊費 24000円)

問合せ先:第38回BMSコンファレンス事務局長 平山和雄
     Science Education Co. Inc.
     TEL:03-3739-5282、FAX:03-3739-5282
     E-mail:bms38@mssj.jp

----- プログラム -----
1日目 14:00 開会
【質量分析を理解するために必要な基礎知識】
平山和雄(Science Education Co. Inc.)
【基調講演】「研究開発は製薬企業のいのちである」 
浅野克彦(横浜市立大学客員教授、前キリンファーマ(株)代表取締役社長)
【グループディスカッション】()内はオーガナイザー、4会場で並行開催
(1) 代謝物解析(村井孝弘・第一三共(株))
話題提供:石田知己・エーザイ(株)、川口 謙・(株)東レリサーチセンター
(2) 高分解能測定(佐藤貴弥・日本電子(株))
話題提供:坂本 茂・サーモフィッシャーサイエンティフィック(株)
(3) イオンモビリティー(明石知子・横浜市大)
話題提供:土田大介・協和発酵キリン(株)、小曽根郁子・JBIC
(4) クロマトグラフィー(眞野成康・東北大病院薬剤部、浅川直樹・エーザイ(株))
話題提供:團野典行・(株)JCLバイオアッセイ、岩崎未央・京大・薬

2日目
【応用講座】バイオ医薬
児玉龍彦(東大・先端科学技術研究センター)
「質量分析による創薬の2つの例:抗体医薬開発とエピゲノム創薬」
和田 猛(東大・院・新領域)
「核酸医薬の新機軸」
鈴木 勉(東大・院・工)
「マイクロRNAと核酸医薬のマススペクトロメトリー」
須藤幸夫((株)ペルセウスプロテオミクス)
「ペルセウスプロテオミクスにおけるARMED抗体医薬の開発戦略」
石井保之((独)理化学研究所・RCAI)
「免疫制御ワクチンによる疾患治療の可能性」
【スポンサー企業の新技術紹介】
【ポスターセッション】
【グループディスカッション】()内はオーガナイザー、4会場で並行開催
(1) 定量分析(山田泰弘・田辺三菱製薬(株))
話題提供:池原 達矢・塩野義製薬(株)、青木 都志子・アステラスリサーチテクノロジ
ー(株)、戸塚善三郎・積水メディカル(株)、飯塚玲子・日本ウォーターズ(株)
(2) ECD、ETD(川村 猛・東大・先端科学技術研究センター)
話題提供:中村健道・(独)理化学研究所、佐々木一樹・国立循環器病研究センター
(3) バイオ医薬の品質管理(山口秀人・Agensys Inc.、山田尚之・味の素(株))
話題提供:山口秀人・Agensys Inc.、原園 景・国立医薬品食品衛生研究所、鎌田春彦・(独)医薬基盤研究所
(4) イオン化(大江知行・東北大・院・薬)
話題提供:山口健太郎・徳島文理大

3日目
【応用講座】イメージング
塚田秀夫(浜松ホトニクス(株))
「分子イメージングによる創薬支援の可能性」
青木伊知男((独)放射線医学総合研究所)
「高磁場MRIによる分子イメージング」
松尾二郎(京大・院・工)
「2次イオン質量分析法(SIMS)による質量イメージング法の最前線」
竹田扇(山梨大・医)
「質量分析法の術中迅速診断への応用」
田中由香里(塩野義製薬(株))
「イメージング質量分析法を用いた薬物の組織内分布の検討」
幸長秀雄(第一三共(株))
「イメージング質量分析法を用いた薬物の局所解析」