***** seminarMLから情報転載 *****


  セミナーメイリングリスト登録各位
 東大医科研・先端研GCOE「ゲ ノム情報に基づく先端医療の教育研究拠点」主催で、5月20日(金)17:30-22:30に開催致します、疾患医科学ミニシンポジウムシリーズ第3回「HTLVと疾患~成人T細胞白血病(ATL)とHTLV-1関連脊髄症(HAM)の病態解明 の進歩と治療の現状)のご案内をさせていただきます。
詳細は東大医科研ホームページの
http://www.ims.u-tokyo.ac.jp/imsut/jp/events/gakuyukai/archive/post_311.php
をご参照ください。

 本ミニシンポジウムシリーズは、所内・学内の院生・研究者・医師・医療スタッフをメインの対 象としてお りますが、広く所外・学外の興味を持たれる多数の多様な方々にもご参加頂く事を考慮して、平日夕方からの開始で、ス ペースのゆとりのある東大医科研1号館講堂(東京都港区白金台)で開催する事にしております。 「非MD」の院生・研究者や専門科外の医師・医療スタッフにも 理解できる事を念頭に置きながら、一回に一つの疾患にフォーカスして、 最新の知見から今後の課題までのレビューを数人の専門家に講演していただき、併せて質疑・討論を行う と言うのが、このシリーズ「疾患医科学ミニシンポジウム」の趣旨と考えております。

  今回のシリーズ第3回目は、東京大学医科学研究所の渡辺俊樹教授と医科学研究所附属病院 の内丸薫准教授を世話人とし、 近年発症メカニズムの解明が進みつつあり、新規治療の開発も積極的に進められつつある一方で、九州の風土病という見かたから全国レベルでの対応へと国の対 応が大きく転換したHTLV-1感染症によりおこる二 つの疾患-成人T細胞白血病白血病(ATL)とHTLV-1関連脊髄症(HAM)にフォーカスを当てたミニシンポジウムを開催します。両疾患の発症メカニズムから治療の現状、新規治療開発ま で、 若手研究者から第一人者まで多彩な講師陣による企画を立てました。

 講師と演題は以下の通りです。

渡邊 俊樹 東京大学 新領域創成科学研究科メディカルゲノム専攻教授
内丸 薫 東京大学医科学研究所附属病院 血液腫瘍内科准教授
「イントロダクション」 (司会、ファシリテーター)

濱口 功 国立感染症研究所 部長  
「マウスATLモデルとATL幹細胞」

瀬戸 加大  愛知県がんセンター 部長
「ATLのゲノム異常」

山岸 誠 東京大学新領域創成科学研究科 特任研究員
「ATLにおけるpolycomb-miRNA-NF-kB経路」

堀江 良一 北里大学血液内科 准教授
「NF-kB阻害薬DHMEQによるATLの治療と発症予防の検討」

塚崎 邦弘 長崎大学原研准教授(兼)長崎大GCOEプログラム「放射線健康リスク制御国際戦略拠点」プロ ジェクトメンバー
「ATL治療の現状」

山野嘉久  聖マリアンナ医大難病治療研究センター 准教授
「HAMの免疫病態」


 このセミナーに興味を持たれる学内外の病院・診療所・大学・研究施設の医師・研究者・院生、あるいはHTLV/ATL 関連疾患の研究・臨床に興味を持たれる方々など多様な皆様の多数のご参加を歓迎致します。



東京大学医科学研究所

プロジェクトコーディネーター室

山川彰夫

--
*******************************************
山川 彰夫  ( Akio Yamakawa M.D.&s_comma; Ph.D. )
東京大学 医科学研究所
(Institute of Medical Science&s_comma; the University of Tokyo )
学術アドバイザー長、GCOE推進委員、特任教授
東京都白金台4-6-1 (4-6-1 Shirokanedai&s_comma; Minato-ku&s_comma; Tokyo&s_comma; Japan)
〒108-8639
Tel: 03-6409-2033 (直通) (+81-3-6409-2033 DI)
FAX: 03-6409-2034 (+81-3-6409-2034 FAX)
e-mail : a2yamaka@ims.u-tokyo.ac.jp
ayamakawa-tky@umin.ac.jp
URL: http://www.ims.u-tokyo.ac.jp/imsut/jp/
http://www.ims.u-tokyo.ac.jp/gcoe/index.html
*******************************************



seminarMLに関する情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」特選MailingList_Forum欄でアクセスできる。