うま味研究会主催 公開シンポジウムが下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


うま味研究会主催 公開シンポジウム
「うま味とおいしさを生み出す科学の世界 伝統から先端科学技術へ」のお知らせ


うま味研究会(会長:京都大学大学院 伏木亨教授)では、うま味の本質、おいしさにおけるうま味の役割を明らかにするため、生化学、生理学、栄養学、食品科学など関連分野の方々にご参加いただき、毎年公開シンポジウムを行っております。

2011年度は、お茶の水女子大学の村田容常教授をオーガナイザーに、うま味とおいしさを生み出す科学の世界について、学術的な話から、私たちの身近にある食品に使われている最新技術まで、ご紹介します。また、様々な分野の専門家によるパネルディスカッションも行います。

以下の内容で講演を予定しておりますので、ご案内申し上げます。

日 時: 2011年5月20日(金) 10:00~ 17:05  (9:30開場)
場 所: コクヨホール (品川)
〒108-8710東京都港区港南1丁目8番35号
Tel 03-3450-3712
交通アクセス→ http://www.kokuyo.co.jp/showroom/hall/access/
   JR品川駅港南口より徒歩1分、中央改札口より徒歩10分

☆事前参加登録が必要です。下記「申し込み方法」をご参照ください。

プログラム
◎うま味、おいしさを生みだす科学技術の世界:味、香り、色 
   お茶の水女子大学大学院 村田容常 
◎グルタミン酸生産の技術 
   味の素? イノベーション研究所 佐野千明
◎メイラード反応とおいしさ(仮)
   キリン協和フーズ? 食品開発研究所 勝又忠与次
◎味と香りの関連 食品開発の新しい視点 
   九州大学大学院 農学研究院 下田満哉 
◎フレッシュクリームの革新製法『あじわいこだわり製法』の開発 
   明治乳業? 研究本部 小松恵徳
◎醤油のおいしさを持続させる新容器 「Pouch In Dispenser」の開発  
   ヤマサ醤油? 製造本部 茂木喜信
◎パネルディスカッション 

*プログラムは、うま味研究会ホームページhttp://www.srut.org にて随時更新いたします。
*プログラムは予告なく変更になる場合がございます。ご了承ください。

■参加費■
1000円、当日受付にて申し受けます。

■申し込み方法■
うま味研究会ホームページhttp://www.srut.orgからお申し込みください。
FAX又はハガキの場合は、氏名、所属先、住所、電話番号、FAX番号を明記の上、下記宛にお送りください。定員に達し次第、締め切らせて頂きます。

■連絡先■
うま味研究会 事務局
〒104-8315 東京都中央区京橋1-15-1
TEL:03-5250-8184 / FAX:03-5250-8403
E-mail:umami@srut.org
http://www.srut.org