公益社団法人日本水産学会(竹内俊郎会長)は2011年3月22日、春季大会期間中の3月29日に予定していた公益法人移行後の初の社員総会の開催を延期することを決定したと発表した。「現下の情勢から社員総会を開催することは難しい」と判断した。社員総会の開催延期に伴い、日本水産学会賞ならびに日本水産学会論文賞の授賞式も延期する。新たな社員総会の開催については、3月27日の理事会において決定し、改めてお知らせするとしている。

 3月27日から31日まで東京海洋大学品川キャンパス(東京・港)で開催を予定していた平成23年度日本水産学会春季大会の口頭発表・ポスター発表は、取り止めることを3月17日に、竹内会長と春季大会の塚本勝巳大会実行委員長が発表していた(関連記事)。これに加えて、大会時に開催予定の全てのシンポジウム・ミニシンポジウムは中止または延期とすることを3月22日に発表した。

 「今般、関東支部では平成23年度日本水産学会春季大会を準備してきたが、東北地方における壊滅的被害の発生,福島原子力発電所の事故および東京電力の計画停電により公共交通機関への影響等を勘案し,平成23年3月27日~3月31日に予定していた平成23年度日本水産学会春季大会における口頭発表・ポスター発表を取り止めることにした。なお、講演要旨集は予定通り発行し、後日参加登録者全員に発送する。この決定は、塚本大会実行委員長をはじめとした大会実行委員会ならびに理事会や関係各位との協議の結果である」「シンポジウム・ミニシンポジウム、社員総会、学会賞・論文賞授賞式の開催については別途お知らせする。すでに納入済みの参加費等の取り扱いについては、理事会で協議の上、改めてお知らせする」と3月17日に同学会はホームページに掲載していた。(河田孝雄)


+BTJJ+機能性食品+東日本巨大地震++