東日本大震災で、このメールの読者も大変な状況に陥っているのではないかと心配しています。一刻も早く救助と安心して生活できる場が確保できることを祈っています。この甚大な災害の救済に限って消費税を上げても良いとさえ思っております。

 もう一つの懸念は東京電力の福島第一原発1号と3号の建屋が水素爆発で吹っ飛んだことです。原子炉の格納器の破壊は起こっておらず、放射性物質の環境中への拡散による健康被害が起こる懸念は低いと発表されています。多分そうであると思いますが、東電、政府、そして福島県の対応はいたずらなパニックを抑止するためとは言え、あまりいただけません。続きはここをクリック。(宮田満)


+東日本巨大地震+++