現在、鴨川の畔でこの原稿を書いています。本日の京都は風があり、埃っぽい。花粉症だったら耐えられない状況です。桜の芽も堅く、柳の新芽もやっと出たばかり。まだ眠り足りない様子です。春間近。菜の花を除き、花の端境期でもあります。京都市内で菜の花畑は期待すべくもなく、寺や神社は華を欠いています。続きはここをクリック。(宮田満)