第3回公開シンポジウム『こころの病気の克服をめざして~脳科学からのアプローチ~』(JST・CREST)が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


第3回公開シンポジウム
『こころの病気の克服をめざして~脳科学からのアプローチ~』(JST・CREST)

科学技術振興機構(JST)のCREST「精神・神経疾患の分子病態理解に基づく診断・治療へ向けた新技術の創出」研究領域では、高次脳機能の障害による精神・神経疾患に対して、脳科学の知見を活用し、予防・診断・治療法等における新技術の創出をめざしています。今回のシンポジウムでは、これらの研究のうち、精神疾患と発達障害をとりあげ、疾患や障害の概要と各研究チームの研究成果をわかりやすく報告致します。
皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

◆日 時 : 3月10日(木)13:00~17:00
◆場 所 : アキバプラザ5階 アキバホール
     (東京都千代田区神田練塀町3番地富士ソフトビル
      JR線秋葉原駅 中央改札口より徒歩2分)
◆参加費:無料(定員200名:参加登録をお願いします)
◆お申込み・詳細: http://www.sss.jst.go.jp/event/vol3/index.html

プログラム:

 開会あいさつ 樋口 輝彦(研究総括/(独)国立精神・神経医療研究センター理事長)
 ***(セッション1)***************************
     座長: 岡崎祐士(東京都立松沢病院 院長)
 「新しい観点からのPTSDの予防法・治療法の創出」
       井ノ口 馨(富山大学 教授)
 「臨床医と共に取り組むうつ病研究~治療•診断技術の開発の進捗と課題~

       小島 正己(産業技術総合研究所 研究グループ長)
 休憩
 ***(セッション2)****************************
     座長: 梶井 靖(田辺三菱製薬(株) 主席研究員)
 「アスペルガー症候群の脳科学-発達障害への理解と支援を求めて-」
       加藤 進昌(昭和大学 教授)
 「マウスが自閉症になる?」
       内匠 透(広島大学 教授)
 閉会挨拶  

====================
お問い合せ:
独立行政法人科学技術振興機構
研究領域総合運営部 第一研究領域担当
TEL : 03-3512-3524
E-mail : sympo2-sss@sss.jst.go.jp