***** seminarMLから情報転載 *****


セミナーメーリングリスト登録者の皆様

 下記の要領で、3月3日(木曜日)東大医科研GCOEキャリアパス支援セミナーの「第5回白金キャリアプラットフォーム(会社・団体紹介シリーズ)」を開催いたします。

 今回は、東芝メディカルシステムズ株式会社常務、統括技師長、研究開発センター長、内藏啓幸氏から、 「東 芝メディカルシステムズにおける医用機器/診断機器研究開発戦略と日本のアカデミアに望むもの」と題する講演、また東大医科学研究所研究協力担当 井上直樹教授より、来年度から始まり現在策定過程の最終段階にある「第4期科学技術基本計画」と日本の科学技 術政策のシステムについて、東大医科研附属病院放射線科科長桐生茂准教授より、放射線科領域における「生体イメージングの臨用応用の現状」という3つの講演を予定しています。

 事前参加登録・参加費などは不要でございます。所内の院生・研究者・医療関係者の他、所外の産官学のどの分野の方であっても内容にご関心のある方々は、どうぞお気軽にご参加ください。今までも、多くの所内・所外の学生・研究者・医師に加え、産業界・行政・国際機関・メディアなど多様な方々のご参加を頂いて貴重なご議論を頂いて居り、企画・運営側として大変感謝しております。

 詳細は、来週はじめにアップロードされます 東大医科学研究所および当グローバルCOEのホームページの以下のURLをご参照ください。

http://www.ims.u-tokyo.ac.jp/imsut/jp/
http://www.ims.u-tokyo.ac.jp/gcoe/index.html

世話人 東京大学医科学研究所 山川彰夫
連絡先 東京大学医科学研究所GCOE推進室 
  e-mail gcoe@ims.u-tokyo.ac.jp Tel 03-6409-2028

ーーー
開催日時: 2011年3月3日(木) 15:00-17:00
開催場所: 東京大学医科学研究所 1号館講堂 (東京都港区白金4-6-1)

講  師:
1. 東京大学医科学研究所 研究協力担当  井上直樹教授
2. 東京大学医科学研究所附属病院放射線科科長 桐生茂准教授
3. 東芝メディカルシステムズ株式会社 常務、
統括技師長、研究開発センター長 内藏啓幸氏

[入場無料・事前登録不要]

演  題 および プログラム :
全体 タイトル: 
キャリアパス支援 第5回「白金キャリアプラットフォーム:(会社・団体紹介セミナーシリーズ)」 
(使用言語):日本語

演 題、プログラム 
 ショートレクチャー 1 「日本の科学技術政策システムと第4期科学技術基本計画策定」
( 東大 医科研 研究協力担当教授 井上 直樹 )
2 「生体イメージングの臨床応用の現状」
( 東大 医科研附属病院放射線科科長 准教授 桐生 茂 )

 講演  「東芝メディカルシステムズ(株)における医用機器・診断機器研究開発戦略と日本のアカデミアに望むもの(仮題)」
( 東芝メディカルシステムズ株式会社(株)常務、統括技師長 内藏 啓幸 )

 質疑応答・討議 (ファシリテーター 東京大学男女参画室 三浦 有紀子)
 まと め・次回予告 ( 東大医科研 経営戦略室、特任教授 山川 彰夫)
概  要:
 東京大学医科学研究所&先端科学技術研究センターの グローバルCOE プ ログラム(GCOE)では、ミッションの一つであるグローバルな医療課題 に対して取り組むことのできる世界的な広い視野を持った多様な「人財」育成の一環として、キャリアパス支援セミナー「白金キャリアプラッ トフォー ム:(会社・団体紹介シリーズ)」を開催しています。
 今回の第5回では、東芝メディカルシステムズ株式会社の常務、統括技師長、研究開発センター長の内藏啓幸 氏から東芝メディカルシステムズの医用機器・検査機器・医療情報システムの研究開発方針の紹介に加えて、日本のアカデミア・医療界および 学生・若手に期待する事についてのメッセージも頂くと言うことで、ご講演をお願いしています。
 東芝メディカルシステムズグループは、ホームページによると「「Made for Life」を経営スローガンとして、世界の医療に貢献すべく」、「医用機器(診断用X線装置、医用X線CT装置、磁気共鳴画像診断装置、超音波画像診断装置、放射線治療装置、診断用核医学装置、医用検体検査機器、医療機関 向け情報システムなど)の製造、販売、技術サービスを現在の業務内容」とし、MRI、CT&s_comma;エコーなどの医用機器の「ものづくり」とそれをベースとした「ソフトウェアシステム」などの「様々な高付加価値ソ リューションを世に送り出し、国内ではトップ企業として、さらに世界135カ国以上でグ ローバルに事業を展開しています。これからも当社は医療のフィールドにおいて様々なイノベーションの波を起こしていきます。世界中の人々 が健康に暮らせるよう、最先端の医療システムを広くグローバルに普及させていくことを強い使命とし、事業を推進」していく、ということが 会社自体の方針と言うことです。MRIやCTなど診断系の医用機器メーカーというイメージの他にも、治療機器や医療検体検査機器、検診・情報システム開発などに も取り組んでおり、それらについてもお話しいただけると期待しております。

 また、キャリアパスに関する基礎的なリテラシーに資する内容のショート レクチャーとして、今回は最近策定された第4期科学技術基本計画とその背景となる日本の科学技術政策システ ムについて東京大学医科学研究所の研究協力担当井上直樹教授に講演をお願いしました。井上教授は、科学技術庁において第1期科学技術基本計画 の策定に参画するなど多様な分野の科学技術行政の経験の後、2年前より現職として医科学研究所の全国共同研究拠点の運営等に活躍されています。
もう一つ、「生体イメージングの臨床応用の現状」について附属病院放射線科科長の桐生茂先生からお話し頂きます。MRI、CT、超音波診断などに代表される生体イメージングの進歩は、脳血 管障害から癌診断まで幅広く実施臨床に応用されており、その現状・課題について実際の臨床画像を併せてご発表があります。昨今議論のある「がん検診の功罪」についても低線量へのシフトや最近発表された大規模臨床試験の結果と併せてご議論いただく予定です。
 質疑応答は、前回と同様にGCOE特別RAの担当者と三浦氏にお願いしています。

 今までの回の概要でも述べたように、これをきっかけに新規の共同研究 や連携や将来のリクルートにも役立つことが期待されます。将来アカデミアや 別の業界・企業に進む人財にとっても、業界のリーディングカンパニー等についての知識や人脈を持つことは、将来の効果的な連携(場合に よっては効果的な競争)等にとっては欠かせないことであり、このシリーズはいわば「究極の就活セミナー」といえますが、あくまでもキャリ アデベロップメントを目的としています。キャリアデベロップメントとしては、経済学のような「マクロ」・「ミクロ」の他個人と家族レベル の「パーソナル」を加えた3つのレベルと時間軸における「キャリア・ライフ・ステージ」 を考慮した分析と戦略が必要であるという立場から企画を構成しています。
 この白金キャンパスの「新しいプラットフォーム」は、”Filling the Gaps among different Communities”のキーワードの元、学生・若手にとってのキャリアパス支援とシニアの研究者・医療従事者と会社・団体の間の相互のイン ターラクションの「場」を提供し、ライフイノベーションの推進の為のステップボードとなる事も意図しております。
 白金キャンパスの学生・若手をはじめとする研究者・医師・医療スタッフの他にも、東大他部局や学外のアカ デミア・産業界・行政・メディア、その他のご所属の学生および社会人の多様な方々のご参加を歓迎いたします。

 なお、東芝メディカルシステムズ株式会社に関する詳細は、以下のホームページをご参照ください。
http://www.toshiba-medical.co.jp/tmd/index.html
 第4期科学技術基本計画及び日本の科学技術政策に関して は、以下のいくつかのサイトから情報を取る事が出来ます。
内閣府総合科学技術会議
http://www8.cao.go.jp/cstp/
文部科学省基本計画特別委員会(第4期科学技術基本計画)
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu13/
JST サイエンスポータル
http://scienceportal.jp/

(文責:世話人 経営戦略室長・GCOE推進委員 山川彰 夫)
 

--
*******************************************
山川 彰夫  ( Akio Yamakawa M.D.&s_comma; Ph.D. )
東京大学 医科学研究所
(Institute of Medical Science&s_comma; the University of Tokyo )
経営戦略室長、GCOE推進委員、特任教授
東京都白金台4-6-1 (4-6-1 Shirokanedai&s_comma; Minato-ku&s_comma; Tokyo&s_comma; Japan)
〒108-8639
Tel: 03-6409-2033 (直通) (+81-3-6409-2033 DI)
FAX: 03-6409-2034 (+81-3-6409-2034 FAX)
e-mail : a2yamaka@ims.u-tokyo.ac.jp
ayamakawa-tky@umin.ac.jp
URL: http://www.ims.u-tokyo.ac.jp/imsut/jp/
http://www.ims.u-tokyo.ac.jp/gcoe/index.html
*******************************************



seminarMLに関する情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」特選MailingList_Forum欄でアクセスできる。