現在、仙台に向かうやまびこ号でこの原稿を書いております。まだ宇都宮ですが車窓の外は一面の雪景色、まるで5駅ぐらい先行しているような不思議な感覚です。先ほど、家を出る時には雨だったのですが、四ツ谷の駅に向かう途中で雨に白い物が混じり始めました。雨がみぞれに変わり雪になる。神様は、地上で最も愚かだが性格の良い男に、雨が来るぞと最初の雨の滴を当てるという言い伝えがあります。今朝、雨が最初に雪になる瞬間に立ち会えて、雪の神様は分かっていると少し心が温まりました。しかし、この分では東北や北海道、日本海側を含め、日本列島でかなりの降雪になりそうです。こうした地域の読者は、どうぞお気を付け願います。続きはここをクリック。(宮田満)