産学公連携セミナー 「ES/iPS 細胞×スマート・マテリアルの融合イノベーション」が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


ES/iPS 細胞×スマート・マテリアルの融合イノベーション
– ヒト幹細胞の産業応用における「ものつくり」力の発揮 –

このたび、京都大学 物質―細胞統合システム拠点(iCeMS=アイセムス)では、特定非営利活動法人京都SMIとの共催で、下記セミナーを開催致します。
本セミナーでは、産業応用が期待されるヒト幹細胞とその周辺技術について、日本発・グローバル展開の機会と方策を議論する予定です。
つきましては、本セミナーにご来駕頂き、貴重なご意見等いただけましたら幸いです。




日程:   2011年2月28日(月)
時間:   13:00–17:30(12:30受付開始)
場所:   京都大学東京オフィス 会議室(別紙参照)
参加費:  5 000円(会場費及び資料代)
参加登録: 以下URLからご登録ください
      http://www.kyoto-smi.org/events
申込期限: 2月25日(金)までにお願い申し上げます。


[プログラム]
12:30     開場・受付開始

13:00–13:15 開会のご挨拶
 学際・国際・産学公連携による
  幹細胞イノベーションの新展開
 京都SMI 理事(京都大学iCeMS 准教授)
 仙石 慎太郎
13:15 – 13:45 主催者講演
 科学技術創造立国と京都SMI
 京都SMI 理事長
 (日本工学アカデミー 名誉会長、
 元住友電気工業株式会社 代表取締役副会長)
 中原 恒雄
13:45 – 14:15 共催者講演
 ヒトES/iPS細胞株の医学創薬への応用
  ―世界の現状と将来展望
 京都大学iCeMS 拠点長・教授
 中辻 憲夫

14:15 – 15:00 アフタヌーン・ティーと歓談

15:00 – 15:25 企業講演1
 ヒトES/iPS細胞の創薬応用:心筋・神経・肝細胞
 株式会社リプロセル 代表取締役社長
 横山 周史
15:25 – 15:50 企業講演2
 ヒト幹細胞の周辺技術のイノベーション
 住友ベークライト株式会社 S-バイオ事業部 
 マーケティング・営業部長
 中西 久雄
15:50 – 16:15
 Edinburgh BioQuarter
  - at the heart of Scottish Regenerative Medicine
 Director of Ediburgh BioQuarter
 Dr. Michael Capaldi
16:15 – 16:40
 医療イノベーションの推進について
 内閣官房 医療イノベーション推進室 企画官
 渡邉 淳

16:40 – 16:50 休憩

16:50 – 17:25 パネルディスカッション・総合討論
17:25 – 17:30 閉会のご挨拶

---------------------------------------------