「安全性に関するシンポジウム ~ ナノ粒子の安全性評価のスタンダード構築に向けて ~」が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


文部科学省地域イノベーションクラスタープログラム(グローバル型) 京都環境ナノクラスター(中核機関 財団法人京都高度技術研究所)では、ナノ材料の安全性について研究をしており、安全性の評価方法について検討しております。この度、香港科学技術大学より王教授を招き、ナノ粒子の毒性評価について現状とこれからについてグローバルな情報交換を実施いたします。ナノ粒子の安全性評価方法を明確にし、新事業の創出、新製品の開発を促進し、イノベーションの創出を図ることを目標に開催いたします。多くの皆様の参加をお願いいたします。
   
日程 : 平成23年2月14日(月) 研究会13:30~17:45 (受付開始 12:45~)
会場 : 京都リサーチパーク1号館 サイエンスホール
〒600-8813 京都府京都市下京区中堂寺南町134
主催 : 京都環境ナノクラスター(財団法人京都高度技術研究所)
参加者数 : 100 名 ※定員になり次第締め切らせていただきます
参加費 : 無料

プログラム

研究会≪13:30~17:45≫

13:30 ~ 13:40 開会
京都環境ナノクラスター 事業総括 市原 達朗

13:40 ~ 14:30 基調講演 水環境におけるナノ粒子の毒性を理解する:生物内動態の
重要性
香港科学技術大学 教授 王文雄 氏

14:30 ~ 15:00 SiCナノ粒子に曝露したヒト気管支上皮細胞におけるプロテオミックス
研究
フランス リール大学 准教授 キャロライン・トカルスキー 氏

15:00 ~ 15:25 ナノ物質の気相合成
フランス サクレー原子力エネルギー研究所 プログラムディレクター フリーデリック・シュースター 氏

15:25 ~ 15:40 休 憩

15:40 ~ 16:05 ナノ粒子防御器具の開発 -ナノに関する安全のために-
フランス サクレー原子力エネルギー研究所 ナノ化学・ナノ安全研究室 室長 フランソワ・タルディフ 氏
フランス サクレー原子力エネルギー研究所 プログラムディレクター フリーデリック・シュースター 氏

16:05 ~ 16:35 ナノ粒子の生理動態的速度論 -どこまでわかっているのか-
カナダ モントリオール大学 客員教授 クロード・エモンド 氏

16:35 ~ 17:05 カーボンナノチューブの細胞毒性
(独)国立環境研究所 RCER環境ナノ生体影響研究室 室長 平野靖史郎 氏

17:05 ~ 17:35 京都環境ナノクラスターにおけるナノ毒性評価の試み
京都環境ナノクラスター 研究者(京都大学 大学院工学研究科 助教) 伊藤 健雄 氏

17:35 ~ 17:45 閉会
京都環境ナノクラスター 研究統括(京都大学 大学院工学研究科 教授) 西本 清一


お申込み・詳細は下記まで。
http://www.astem.or.jp/kyo-nano/news/110128.htm