第10回バイオメディカル研究会が下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。



日本バイオインフォマティクス学会関西地域部会
第10回バイオメディカル研究会
~バイオメディカルイノベーションへの道標~

■日時:平成23年3月5日(土)13:00~17:00
■場所:大阪大学中ノ島センター10F
佐治敬三メモリアルホール http://www.onc.osaka-u.ac.jp/
       
■主催:日本バイオインフォマティクス学会 関西地域部会
■共催:NPO法人バイオグリッドセンター関西
京都大学大学院薬学研究科 システム創薬科学講座
■参加費:無料(参加予定人数:180名程度)ただし懇親会は有料(参加費 5000円)
■申込方法:参加者氏名、所属、電話番号、メールアドレス、懇親会参加の有無を明記の上、bmjimu@gmail.com まで電子メールでお申込下さい。 
■申込締切:平成23年2月25日(金)*定員になり次第、締め切ります。
■プログラム:
13:00 
開会挨拶 
奥野 恭史(関西地域部会長:京都大学大学院薬学研究科・教授)

13:05 
講演1(質疑応答10分含)
「タンパク質の相互作用部位の構造比較から見る機能予測の問題点」
金城 玲先生(大阪大学蛋白質研究所情報科学研究系・准教授)

13:45 
講演2(質疑応答5分含)
「分子間相互作用に関する知識マイニングとキナーゼ阻害剤探索への応用」
新島 聡先生(京都大学大学院薬学研究科・助教)

14:15 休憩

14:30 
パネルディスカッション~関西発医療イノベーションに向けて~

・講演「個人情報保護制度はどうあるべきか -米国 HIPAAプライバシールールを参考に臨床情報の共有及び利用の限界を考える-」(20分)
弁護士/ニューヨーク州弁護士 井垣 太介先生
(北浜法律事務所・外国法共同事業 パートナー )

・ディスカッション
パネリスト:梅村 聡先生(参議院議員/医師)
井垣 太介先生(弁護士/ニューヨーク州弁護士)
北野 義幸先生(大阪府商工労働部・理事)
三木 孝先生(神戸市企画調整局参与(医療産業都市担当)
坂田 恒昭先生(大阪大学サイバーメディアセンター・特任教授)
司会:奥野 恭史(京都大学大学院薬学研究科・教授)

・総括 梅村 聡先生(参議院議員/医師)(20分)

17:00 閉会

引き続き、~19:30 <懇親会:大阪大学中之島センター2階 カフェテリア「スコラ」にて>

■本件問合せ先
日本バイオインフォマティクス学会
関西地域部会(バイオメディカル研究会)事務局 阿部
京都大学大学院薬学研究科 寄附講座システム創薬科学
〒606-8501 京都市左京区吉田下阿達町46-29
tel & fax 075-753-4559
e-mail bmjimu@gmail.com