田辺三菱製薬は2011年1月26日、プロスタグランジンE製剤「リプル注」、合成副腎皮質ホルモン製剤「リメタゾン静注」、注射用ニューキノロン系抗菌薬「パズクロス注」の一部ロットを自主回収すると発表した。理由は、製品の出荷に関わる一部の試験を実施していないロットがあることが判明したため。詳細は続報する。