今鹿児島から東京に戻ったところです。鹿児島も冷え込み、今朝の桜島は少し煙を吐いていました。

 一昨日(2011年1月11日)、武田薬品が米Zinfandel Pharmaceuticals社から、アルツハイマー病の発病時期を早めるTOMM40変異マーカー(rs10524523)を導入したことを発表しました。同社はこの変異マーカーを活用し、アクトス(糖尿病薬)の適応拡大を狙います。特許切れのアクトスの新たな防衛策です。確かに、糖尿病がアルツハイマー病のリスク因子であることは明確で、糖尿病薬がアルツハイマー病患者の発症を遅らせることができれば、巨大な市場を獲得できます。問題は、用途特許が認められ、かつ他社の参入を阻めるかです。ジェネリック薬にこの新規適応市場を取られては元も子もありません。そこで、TOMM40変異マーカーが鍵を握ることになります。適応患者の選択にこのマーカーによる遺伝子診断が必要となれば、遺伝子診断とアクトスをパッケージで販売することによって、武田は新規市場を守れる可能性があります。我が国の大手製薬企業が直面する自社ブロックバスターの特許切れに、武田は個の医療で立ち向かおうというのです。続きはここをクリック。(宮田満)