***** seminarMLから情報転載 *****


文部科学省・科学研究費補助金・新学術領域研究 「修飾シグナル病」第一回公開シンポジウム

2011年1月29日(土)13:30~17:20(17:30~ポスター発表による研究交流会)

東京大学医科学研究所1号館1F講堂

〒108-8639 東京都港区白金台 4-6-1

参加費は無料です。可能なかぎり1月21日までに参加のご登録を下記サイトからお願いいたします。

http://shushoku-signal.com/info/20110129.html

13:30-13:45 領域代表の挨拶 井上純一郎(東京大学)

13:45-14:15 新規直鎖状ポリユビキチン鎖形成を介したNF-κBシグナル制御 徳永 文稔(大阪大学)

14:15-14:45 ユビキチン化によるNF-κBの活性制御と疾患 井上純一郎(東京大学)

14:45-15:15 タンパク複合体シミュレーションの基礎とTRAF6複合体におけるNF-κB活性化 市川 一寿(東京大学)

15:15-15:30 休憩

15:30-16:00 特別講演1:ERKとAKT経路のシステム生物学 黒田 真也(東京大学)

16:00-16:40 特別講演2:生理活性リゾリン脂質と病態機能 青木淳賢(東北大学)

16:40-17:20 ドミナントネガティブHLH型転写制御因子HHMの構造と機能 石谷隆一郎(東京大学)

17:30- ポスター発表による研究交流会(医科研生協(白金ホール))



seminarMLに関する情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」特選MailingList_Forum欄でアクセスできる。