第21回微生物資源ワークショップが下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


◆◆第21回微生物資源ワークショップ◆◆

Final Circular
「微生物によるものつくりの新展開」

皆様、先月の名古屋は、生物多様性条約の第10回締約国会議(COP10)で過熱気味でした。
ニュースでは、あたかも資源国が搾取され続けたかのように連日報道されましたが、最終日の29日(金)の全体会合は、アクセスと利益配分(ABS)に関する議定書の議長案(それもその前日まで閣僚級会合で、先進国が資金援助を約束したという経緯があり)の採決の順番や方法を巡ってまたもや対立、結局採択されたのは午前2時でした。幸い、利益配分は紀元前のアクセスまで遡るというようなものにはなりませんでしたが、派生物も含むし、ABSは法的根拠をもつものになりました。わが国も法整備を進めるであろうと推察されます。
このような状況下で海外生物資源へのアクセスはますます困難になり天然物創薬への負のインパクトがあることは間違いないでしょう。
以下、名古屋で配布されていたNGOのパンフレットからの抜粋です。
The reason we need COPs is because we have Robbers. (In reference to ABS of course)
一方、微生物発酵は、醸造食品、アミノ酸、核酸発酵、有機酸、酵素、抗生物質、ビタミンなどの生理活性物質の生産など様々な分野で利用されています。医薬品分野に限れば、確かに天然物創薬研究にはかげりがあると言わざるを得ませんが、その他の分野においては、微生物発酵は未だにバイオ産業の基盤をなしています。そして微生物の利用は、単に自然界に存在する微生物へのアクセスのみが重要なのではなく、そこからわれわれ微生物研究者の英知を引き出して付加価値を作るところにあるのです。我々は、微生物による“ものづくり”の新展開を目指して、日夜研究に励んでいます。今回のワークショップでは、“ものづくり”のために、様々な方向からアプローチしている研究者に講演をお願いし、その可能性についてみなさまと議論したいと考えています。ぜひご参加ください。
 http://www.tamagawa.ac.jp/sisetu/gakujutu/alsrc/wmr.htm

日 時: 2010年11月27日(土)13:00-17:40
場 所: 玉川大学 大学研究室棟B104 場所は下記地図を参照してください
http://www.tamagawa.jp/access/campusmap.html
主 催: 玉川大学学術研究所菌学応用研究センター 奥田 徹・星野達雄
お問い合わせ:  〒194-8610 町田市玉川学園6-1-1 玉川大学学術研究所 奥田 徹
TEL & FAX 042-739-8669 (office)
torula@lab.tamagawa.ac.jp
募集人数: 先着70名
申し込み締め切り:11月10日(水)
参加費: 3000円(学生無料・・・学生証の提示をお願いします)
懇親会費: 5000円(学生3000円)

プログラム
13:00 はじめに 星野 達雄 玉川大学学術研究所
13:10 薬剤耐性変異の導入による微生物機能の活性化 岡本 晋 食品総合研究所
13:50 微生物による脂肪酸分子種の多様性創出 小川 順 京都大学
14:30 アミノ酸発酵菌の代謝工学 池田 正人 信州大学
15:10 コーヒーブレーク 1Fラウンジ
16:10 醗酵工業における次世代シークエンシングの活用:生産菌最適化へのコンピュータ
ー解析アプローチ 新城 雅子 ジーンデータ(株)
16:50 食用キノコのゲノム・トランスクリプトーム解析 藤森 文啓 東京家政大学
17:30 おわりに 奥田 徹 玉川大学学術研究所
17:50 懇親会 朔風館食堂
20:00 おひらき

案 内 図 





第21回微生物資源ワークショップ申込書

別紙「個人情報の取り扱いについて」を確認し、同意の上、下記の通り、第21回微生物資源ワークショップの参加登録をいたします。

□ ワークショップに参加します □ 懇親会に出席します
ご芳名
Name

ご所属
Affiliation

ご住所 〒

TEL FAX
Email

ご芳名とご所属は英文を併記してください