***** seminarMLから情報転載 *****

来たる11月18日(木)に第2回バイオフロンティアセミナーを開催いたします。今回
は「免疫・疾患制御に向けたイメージング解析」と題して、免疫・疾患研究に分野で
最先端のイメージング技術を駆使して研究されている国内外6名の先生方をお招きし
講演していただきます。今回申し込み多数の為、定員枠増やしての最終お知らせとな
りました。(先着30名)
入場無料となっておりますので、皆様のご参加をお待ちしております。なお、ご参加
には事前登録が必要となります。

【日時】:2010年11月18日(木) 13:00-17:30(懇親会:17:30-18:30 自由参加)
【場所】:秋葉原コンベンションホール(JR秋葉原駅徒歩1分)
     http://akibahall.jp/data/access.html
【参加費】:無料(懇親会を含む)
【定員】:80名(定員となり次第、締め切らせていただきます。)
【申し込み方法】:下記アドレスにアクセスしていただき申込みフォームに必要事項
をご記入の上送信ください。
 参加申込アドレス http://www.bmbio.com/seminar/index.html
------プログラム---------
13:00-13:05 座長挨拶 斉藤隆先生(理研RCAI 副センター長)
13:05-13:45 横須賀忠先生(理研RCAI 免疫シグナル研究グループ)
         「分子イメージングが拓くT細胞活性化の制御機構」
13:45-14:25 松田道行先生(京都大学大学院 生命科学研究科 生体制御学)
         「生細胞で分子の活性化を可視化するFRETバイオセンサー」
14:25-15:05 岡田峰陽先生(理研RCAI 免疫細胞動態研究ユニット)
         「リンパ節イメージングで観る免疫細胞ダイナミクス」
15:05-15:30 Coffee Break
15:30-16:10 椛島健治先生(京都大学大学院 医学研究科 皮膚科)
         「皮膚の可視化によって新たに得られた情報」
16:10-16:50 西村智先生(東京大学医学部付属病院 循環器内科)
         「生体分子イメージングでみる慢性炎症を背景とする生活習慣病
                    病態」    ~脂肪組織炎症・血小板
血栓形成過程・骨髄内応答~
16:50-17:30 Dr. Amittha Wickrema (Section of Hematology/Oncology&s_comma;
University of Chicago)
         「Imaging of Red Blood Cells for Studying Normal and
Aberrant Erythropoiesis」
17:40-18:30 懇親会(参加自由)

主催・問合せ先
ビーエム機器株式会社 営業推進部 藤江、桜井、宮村
TEL: 03-3818-5091 FAX: 03-3818-5530
E-mail: sales@bmbio.co.jp





seminarMLに関する情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」特選MailingList_Forum欄でアクセスできる。