***** seminarMLから情報転載 *****

下記の要領で、東大医科研GCOEキャリアパス支援セミナーの
第2回白金キャリアプラットフォーム(会社・団体紹介シリーズ)
を下記の要領で開催いたします。

今回は富士フイルムグループの富士フイルム株式会社医薬品・ヘル
スケア部門およびグループ内の創薬研究開発型製薬企業である富山
化学工業株式会社のそれぞれの研究所長の方から、研究開発の方向
性についてのご講演を頂く事になっております。

事前参加登録・参加費などは不要でございますので、所外の産官学
のどの分野であっても内容にご関心のある方々は、どうぞお気軽に
ご参加ください。

詳細は東大医科学研究所および当グローバルCOEのホームページの
URLをご参照ください。

http://www.ims.u-tokyo.ac.jp/imsut/jp/
http://www.ims.u-tokyo.ac.jp/imsut/jp/events/gakuyukai/archive/post_266.php

http://www.ims.u-tokyo.ac.jp/gcoe/index.html

世話人 東京大学医科学研究所 山川彰夫
連絡先 東京大学医科学研究所GCOE推進室 
  e-mail gcoe@ims.u-tokyo.ac.jp Tel 03-6409-2028

ーーー

開催日時: 2010年11月4日(木) 15:00-17:00
開催場所: 東京大学医科学研究所 1号館講堂 (東
京都港区白金台4-6-1)

講  師:
1. 富士フイルム株式会社 医薬品・ヘルスケア研究所長 
横川拓哉 氏
2. 富山化学工業株式会社 研究部門長兼研究所長  藤
堂洋三 氏

[入場無料・事前登録不要]

【プログラム】
15:00-15:20 ショートレクチャー 「分子標的薬―俯
瞰と最近の進歩」
            東大医科研 経営戦略室 特任教授 山川彰夫

15:20-16:00 「富士フイルムの医療ライフサイエンス
分野の研究開発」
            富士フイルム株式会社 医薬品・ヘルス
ケア研究所長 
            横川拓哉

16:00-16:40 「富山化学工業における医療ライフサイ
エンス分野の研究
   開発」
            富山化学工業株式会社 研究部門長兼研
究所長 
            藤堂洋三

16:40-16:55 質疑応答 (ファシリテーター:東京大
学男女共同参画室 
            三浦有紀子)

16:55-17:00 次回予告  (山川)

【概  要】
 東京大学グローバルCOEプログラム「ゲノム情報に基づく先 端医療の教育研究拠点」ではミッションの一つに、グローバルな医 療課題に取り組み国 際的に活躍できる若手研究者の育成があ ります。広い視野を持った多様な「人財」の育成事業の一環とし て、本年9月より新規セミナーシリーズ「白金キャリ ア・プ ラットフォーム(会社・団体紹介シリーズ)」を開始致しました。( cf. 9月30日開催 第1回概要 http://www.ims.u-tokyo.ac.jp/imsut/jp/events/gakuyukai/archive/post_266.php)

 この度、第2回目としまして、医療・研究関係のイメージン グ機器を中心にライフサイエンス・ヘルスケア事業を展開している 富士フイルム株式会社 の医薬品・ヘルスケア研究責任者であ る横川拓哉氏と、インフルエンザ・多剤耐性菌などによる感染症や 自己免疫疾患などの疾患を対象に積極的な探索創薬研究 と開 発を持続的に展開し、数年前に富士フイルムグループと戦略的M and A を行った富山化学工業株式会社研究部門の責任者である藤堂洋三氏 のお二人を講師としてお招きし、ご講演いただきます。 また、上記2名のご講演の前に、キャリアパスに関する基礎的な リテラシーに資する内容のレクチャーとして、現在の探索創薬の一つの方向性であり臨床的な成功例も続出しつつある「分子標的薬」 に関する俯瞰的レビューを、本セミナー世話人が行います。 プログラム最後の質疑応答は、第1回と同様に東京大学男女参画 室 三浦有紀子氏がファシリテーターを務め、GCOE特別リ サーチアシスタントの学生数名が担当します。
 第1回目の概要でも述べましたが、本セミナーを好機として 生かしていただき、新規共同研究や連携、リクルート等に役立たせ ることが期待されま す。前回は、ご講演いただいオリンパス 様と参加した学生、研究者との間で、研究所訪問等の話も進んでい るようです。将来、アカデミアや他の業界・企業に進 む人財 にとって、業界のリーディングカンパニー等についての知識や人脈 を持つことは、今後の効果的な連携(場合によっては効果的な競 争)等にとって欠かせ ないことであり、本シリーズはいわば 「究極の就活セミナー」と言ってよいでしょう。
 白金キャンパスにおける「新しいプラットフォーム」は、学生・ 若手研究者と中堅の研究者・医療従事者と企業・団体関係者との間 の相互のインターラクションの「場」を提供し、ライフイノベー ション推進に資するステップボードとなる事も意図しています。 所内の学生・研究者のみならず、医療従事者、アカデミア・産業 界・行政関係者、また、他分野の学生、社会人の方等、多様な方々 のご参加を歓迎いたします。
( この第2回の詳細は http://www.ims.u-tokyo.ac.jp/imsut/jp/events/gakuyuka i/archive/post_266.php をご参照ください。)

東京大学医科学研究所
山川彰夫




seminarMLに関する情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」特選MailingList_Forum欄でアクセスできる。