***** seminarMLから情報転載 *****

第144回東京脂質談話会のご案内

残暑の候、先生方におかれましては益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。
さて、この度、第144回東京脂質談話会を下記要領にて行う事となりました。
ご都合が宜しければご出席頂きます様お願い申し上げます。

《記》


日時 :平成22年10月27日(水)18:00~19:00

会場 :東京大学医学部教育研究棟6階 細胞情報学教室セミナー室

演者 :東京都臨床医学総合研究所 脂質代謝プロジェクト 村上 誠 先生

演題 :分泌性ホスホリパーゼA2による生命応答の制御

要旨 : 膜グリセロリン脂質のsn-2位を加水分解して不飽和脂肪酸とリゾリン脂質を生成する酵素ホスホリパーゼA2 (PLA2) には多数の分子種が存在するが、そのうち約3分の1は細胞外に分泌されるsPLA2 (secreted PLA2) 群に属する。sPLA2の主たる機能は細胞外環境に存在するリン脂質の代謝である。sPLA2の標的膜は隣接細胞膜に留まらず、非細胞性の細胞外リン脂質(サーファクタント、リポタンパク質、皮膚バリア脂質)や外来リン脂質(微生物膜、食餌リン脂質)など多岐に渡る。したがって、sPLA2 群の遺伝子改変マウスが示す様々な表現型は多彩な標的基質への作用の反映といえる。
sPLA2群の機能は単なる炎症の増悪因子という既存概念の枠を超え、生体防御、生殖、皮膚ホメオスタシス、アナフィラキシー、生活習慣病、炎症緩解などへと大きく展開している。本講演では、sPLA2群による生命応答の制御について、最新の情報を紹介し
たい。

世話人
 清水 孝雄
○新井 洋由
 門脇  孝
 矢冨  裕


問い合わせ先:
03-5802-2925(内線23448)菱川 大介
共催:東京脂質談話会 / 第一三共株式会社




seminarMLに関する情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」特選MailingList_Forum欄でアクセスできる。