***** seminarMLから情報転載 *****

 東大医科研・先端研GCOE「ゲノム情報に基づく 先端医療の教育研究拠点」主催で、10月28日に開催される 疾患医科学ミニシンポジウムシリーズ第1回「C型肝炎の最前線~基礎と臨床~」のご 案内をさせていただきます。

 本ミニシンポジウムシリーズは、所内・学内の院生・医師・医学生物系研究者・医療スタッフをメインの対象としてお りますが、広く所外・学外の興味を持たれる多数の多様な方々にもご参加頂く事を考慮して、夕方18時からの開始で約2時間半の時間で、ス ペースのゆとりのある医科研1号館講堂で開催する事にしております。

 非MDの院生・研究者や専門科外の医師・医療スタッフにも理 解できる事を念頭に置きながら、最新の知見から今後の課題までのレビューを数人の専門家に講演していただき、併せて質疑・討論を行う と言うのが、この新シリーズ「疾患医科学ミニシンポジウム」の趣旨と考えております。

 第1回は、約200万人のウイルス感染者を抱えて我が国の「21世紀の国民病」ともいわれるC型肝炎にフォーカスを当て、疾患全般についてのレビューの後、基礎から臨床、薬剤・ワクチンの研究開発、ゲノム 解析などの話題提供の後、患者団体の方からの研究者・医師・産業界等へ望む事のお話しまで、幅広いながらも解りやすくかつ内容的に深 い講演をしていただけると期待しております。最後にはフロアや 講師同士の質疑応答とパネルディスカッションを予定しております。

 内容は以下の通りですが、詳細は東大医科研のホームページに月曜日に公開される予定です。
(  http://www.ims.u-tokyo.ac.jp/imsut/jp/  )

タイトル:
東大医科研GCOE「疾患医科学ミニシンポジウムシリーズ」 第1回
『C型肝炎の最前線~基礎と臨床~』 
(使用言語):日本語

開催日時:平成22年 10月 28日(木) 18:00 ~ 20:30 

開催場所: 医科学研究所 1号館 講堂(東京都港区白金台4-6-1)

講師、演題、プログラム :
18:00-18:05  「ご挨拶、このセミナーシリーズの狙い」
( 東大医科研 経営戦略室 山川彰夫 )

18:05-18:20 「C型肝炎とはどんな病気?」
( 東大医科研 疾患制御ゲノム医学ユニット 加藤直也 )

18:20-18:35 「C型肝炎のインターフェロン治療の現状と新たな治療薬の開発状況」 ( 中外製薬株式会 社、プライマリーユニット 山田耕児 )

18:35―19:00 「とうとうできたC型肝炎ウイルス培養系と抗ウイルス薬開発への応用」 ( 国立感染症研 究所、ウイルス第二部 脇田隆字 )

19:00―19:25 「C型肝炎のインターフェロン治療効果を決めるヒトの要因」 ( 国立国際医療研究セン ター、肝炎・免疫センター 溝上雅史 )

19:25―19:50 「テーラーメイド時代を迎えたC型慢性肝炎治療-Coreアミノ酸置換とIL28B遺伝子多型を用いた肝病態・治療効果予測-」 ( 虎の門病院、肝臓センター 芥田憲夫 )

19:50―20:05 「C型肝炎患者が医師、研究者、製薬会社に望んでいること」 ( NPO法人東京肝臓友の会、米澤敦子 )

20:05―20:25  質疑・パネルディスカッション「C型肝炎治療の将来像」
( ファシリテーター 加藤直也)

20:25-20:30 まとめ。次回予告。  ( 事務局 )

 C型肝炎の研究・開発に関しては多くの成果が日本の研究者によって成し遂げられております。また、単にC型肝炎ウイルスだけでな く、他の感染症研究や、 インターフェロン・インターロイキン・ワクチン作成などの免疫研究、慢性炎症からの癌化研究、疾患モデル動物研究などに関しても、研 究の参考やアイディア を提供する事も可能な内容であると考えております。
 東大医科学研究所と東大他部局で学び・働くすべての学生・医師・研究者を始め、このセミナーに興味を持たれる学外 の病院・診療所・大学・研究施設の医師・研究者、あるいはC型肝炎の研究・臨床に興味を 持たれる方々など多様な皆さんの多数のご参加を歓迎致します。
(問い合わ せ先:  東京大学医科学研究所GCOE推進室 Email: gcoe@ims.u-tokyo.ac.jp TEL:03-6409-2028 ) 

東京大学医科学研究所
グローバルCOE推進委員
山川彰夫


seminarMLに関する情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」特選MailingList_Forum欄でアクセスできる。