***** seminarMLから情報転載 *****

セミナーメーリングリスト登録の皆様へ

「東京医科歯科大学 第6回難研MTTセミナー」を開催いたしますので、皆さまのご来聴をお待ちしております。

日 時: 2010年11月5日(金)17:30 ~ 19:00

場 所: 東京医科歯科大学 M&Dタワー 23階北側 セミナー室
   [湯島地区、病院のあるキャンパス内、JR御茶ノ水駅から徒歩5分]

演 者:  新蔵 礼子 教授
    (長浜バイオ大学バイオサイエンス学部生体応答学)

演 題:  抗体遺伝子体細胞突然変異の腸管粘膜防御における意義

要 旨:
 腸管の粘膜防御においてIgAは極めて重要な役割を果たします。通常リンパ組織で産生されるIgAは体細胞突然変異を受けて高親和性であるのに対して、腸管のIgAは低親和性で非特異的に腸内抗原に結合すると考えられており、体細胞突然変異による高親和性IgAの腸管免疫における重要性は明らかではありませんでした。今回、IgAを十分量分泌するにもかかわらず体細胞突然変異が著しく減少している遺伝子組換えマウスを作製しました。このマウスの腸管粘膜で起こる異常について最新のデータを含めて紹介し、体細胞突然変異の粘膜防御における意義について考察します。

お問い合わせ先

岩井 佳子

東京医科歯科大学 難治疾患研究所
メディカル トップ トラック(MTT)プログラム 特任講師

〒113-8510
東京都文京区湯島1丁目 5-45
電話:03-5803-4815
Email: nakamtt@tmd.ac.jp



seminarMLに関する情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」特選MailingList_Forum欄でアクセスできる。