***** seminarMLから情報転載 *****

東京大学大学院医学系研究科

演題:嗅覚神経系の研究は、情動の神経メカニズムの理解にどこまで貢献できるのか?

演者:東京大学大学院医学系研究科・細胞分子生理分野
教授 森 憲作

日時:平成22年10月18日(月) 14:30~16:00

場所:医学部教育研究棟13階 第6セミナー室

要旨:ネズミは、特定のにおいを嗅ぐと典型的な情動行動やモチベーション行動
を示す。 たとえば、食べ物の匂いにより探索行動や摂食行動を示し、ネコやキ
ツネなどの捕食動物のにおいがすると逃避行動や恐怖反応を示す。 これらよ
り、ネズミの嗅覚中枢神経系の研究により、「情動」や「モチベーション」の神
経メカニズムの理解に迫れるのではないかと予想される。 本セミナーでは、近
年になっての嗅覚神経系の知識の進歩を概説し、この知識が情動の神経メカニズ
ムの理解にどのように結びつくかについて議論する。

主催:東京大学大学院医学系研究科・細胞分子生理分野(教授 森 憲作)

連絡先:東京大学大学院医学系研究科 構造生理学教室
TEL 03(5841)1440 http://www.bm2.m.u-tokyo.ac.jp/



seminarMLに関する情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」特選MailingList_Forum欄でアクセスできる。