アジア微生物資源の保全と持続可能な利用のための国際シンポジウムが下記の要領で開催される。最新情報は「バイオ関係者、皆のホームページ」学会・補助金欄、もしくはHot Newsの上フレームにある分野別Hot Newsセミナー学会を選択してアクセスできる。
  バイオ関係の学会・セミナー情報は、毎日、午前・午後更新。どうぞ毎日2回以上ご確認ください。


●公的な学会、研究会の告知募集は無料掲載、企業が開催するセミナー告知は有料です。詳細はmiyata@nikkeibp.co.jpまでメールください。


      【詳細版のプログラムを公開しました!】

 日本とアジア諸国の研究者の間では、以前から多くの微生物資源に関する共同研究が実
施され、数々の成果があげられてきました。一方、1993年の生物多様性条約 (CBD) 発効に
より、海外の生物資源の取り扱いに対し関心が高まっています。NITEバイオテクノロジー
本部は、CBDに則ったアジア微生物資源の移転と利用、それら微生物資源への情報付加や提
供を行ってきました。今後もアジアの微生物資源の持続可能な利用を推進するために、そ
れら微生物資源を用いた国際共同研究開発の取り組み方を考えることが重要です。
 今年10月には名古屋において、生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)が開催されま
す。この機会にアジアの微生物資源に関する国際シンポジウムを企画いたしました。豊か
なアジアの微生物資源を用いた研究の最前線と、CBD時代の微生物研究開発の今後について
、日本やアジアの研究者あるいは微生物資源センターの方々にご講演いただきます。
 皆様のご参加をお待ちしております。

主催;独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)
共催;独立行政法人日本学術振興会(JSPS)
協賛;日本微生物資源学会(JSCC)

    日程:平成22年10月13日(水)~14日(木)
    場所:コクヨホール(品川駅港南口徒歩3分)
       http://www.kokuyo.co.jp/showroom/hall/about/
   参加費:無料(懇親会は有料)
 プログラム:ホームページをご覧ください。
       http://www.nbrc.nite.go.jp/symposium2010.html
       詳細版のプログラムを公開しました!
 申込み方法:以下を事務局あてにお送りください。
        お名前、ご所属、e-mailアドレス
        参加日(両日とも/13日のみ/14日のみ)
        懇親会の参加/不参加 
   懇親会:10月13日(木)18:00~20:00
       コクヨホール内・多目的ホール
       会費 5000円



お問い合わせ先;
独立行政法人 製品評価技術基盤機構(NITE)
  国際シンポジウム開催事務局 大野さやか
〒292-0818
千葉県木更津市かずさ鎌足2-5-8
TEL:0438-20-5760 FAX:0438-20-5766
  E-mail biosympo2010@nite.go.jp